2013/04/29

マイナスドライバーの選定

MOULTON STANDARD をメンテするのにはマイナスドライバーが必須ですが、なにを選びましょう。

私の工具箱にはPBの貫通マイナスドライバーが一本入っています。

PB8102D/3 : 0.8 x 5.5 x 80

精度や強度はもとより、グリップ、バランスとも一級品。チップの形状もトルクの伝達を向上させるためにテーパーさせておらず、皿ネジのドライブ時にネジ穴のある材料に干渉しないように角に絶妙なRがつけてあります。

これまで、このドライバーになんの文句もなかったので、F型のメンテナンスもPBでいってみましょうという、単純な結論で申し訳ありません。私の用途では貫通の必要があまりなかったので否貫通のスイスグリップでそろえます。
しかし、PBのマイナスドライバーは#00~#7までの9サイズをラインナップ。一気に全部そろえることのできる方は問題ありませんが、使わないサイズへの出費を抑えたいのが人情。F型メンテナンスにおいてどこからどこまでがスウィートスポットなのでしょうか。

PB の マイナスドライバー、スイスグリップのサイズは次の内容。
  • 呼びサイズ(対応ネジ): 厚さ x 幅 x 軸長(軸径)mm
  • #00(M1.2): 0.3 x 2 x 70(2.5)mm
  • #0(M1.6): 0.4 x 2.5 x 80(3)mm
  • #1(M2): 0.5 x 3.5 x 90(3.5)mm
  • #2(M2.5): 0.6 x 4 x 100(4)mm
  • #3(M3): 0.8 x 5.5 x 120(5)mm
  • #4(M3.5): 1 x 6.5 x 140(6)mm
  • #5(M4~5): 1.2 x 8 x 160(7)mm
  • #6(M6): 1.6 x 10 x 180(8)mm
  • #7(M8): 2 x 13 x 200(9)mm

一方、私のMOULTON STANDARD '65に使われているネジのサイズを測ってみると次の内容。もちろんシャビーなネジをノギスで実測するわけですから誤差はおおいにあります。
  • ネジの場所: スリットの幅 x ネジ頭の直径mm ナットの有無
  • 電気コードチューブの固定バンド: 0.7 x 6.3mm 有
  • ベル: 1 x 6.6mm 無
  • マッドガード: 1 x 8mm 無
  • ブレーキレバー: 1.1 x 7.1mm 無
  • キャリアーステー下側基部: 1.1 x 9mm 無
  • キャリアーステー上側: 1.25 x 8mm 有
  • シフター: 1.3 x 7.9mm 無
  • シフトケーブル固定バンド: 1.4 x 8mm 有
  • ランプブラケット: 1.5 x 14.3mm 有
  • ブレーキキャリパーアクスル: 1.65 x 12.7mm 有

スリットの幅は0.7~1.65mmなので必要なサイズは#2~#6。しかし、私は工具箱の中に#1番が無いのも寂しいので#1~#6にしておきます。#7は、、、値段が張るし、でかいし、一度も使わないと思うのでパスします。

----------------------------------------------------------------
Q. F型モールトンのメンテナンスに適したマイナスドライバーは?
A. マイナスドライバーは信頼のおけるブランドの精度が高いものを選びましょう。サイズはチップの厚さで0.6~1.6mmをそろえておけば、ほとんどのネジに最適なドライバーを使うことができます。スイスの工具ブランド、PBであれば#2~#6が該当します。(2013/04/29調べ)

----------------------------------------------------------------


0 件のコメント:

コメントを投稿