2013/05/05

マイナスドライバー

モールトン、F型フレームのメンテナンス用に、スイスグリップのマイナスドライバーを#1~#6まで揃えることにしましたが、手元にある#3は打撃貫通タイプの黒いグリップ。残りを赤いノーマルタイプにすると

赤、赤、黒、赤、赤、赤

となって1本だけ浮いてしまう感じが微妙に気になります。

PBの打撃貫通マイナスドライバーは#3~#5のラインナップだから、その違和感が払拭できるならいっそ打撃貫通のあるサイズはそれでいこう。グリップの打撃面の金属の質感が気持ちいいし、何に利用するか思い浮かばないけれど、緊急時にヘッドパーツやBBのロックリングをコツコツ叩く時、ソリッドな打撃に感動するかもしれないし。

しかし、「赤、赤、黒、黒、黒、赤って揃ってるって言えるの?」という声が聞こえてきます。

打撃貫通タイプはグリップの根元が6角形状になっていて、#3には8mmの、#4、#5には10mmのレンチ(メガネもOK)をかけることができます。片手でグリップにしっかりと圧力をかけながらもう片方の手でレンチを回してトルクフルなドライブが可能。以外とこの機能が役立つかもしれません。

以下、私のそろえたマイナスドライバー、PBスイスグリップの内容。
  • PB 8100 #1: 0.5 x 3.5 x 90mm
  • PB 8100 #2: 0.6 x 4.0 x 100mm
  • PB 8102D #3(打撃貫通): 0.8 x 5.5 x 80mm
  • PB 8102D #4(打撃貫通): 1.0 x 6.5 x 100mm
  • PB 8102D #5(打撃貫通): 1.2 x 8.0 x 150mm
  • PB 8100 #6: 1.6 x 10 x 180mm


0 件のコメント:

コメントを投稿