2013/05/15

アジャスタブルレンチ

BAHCO Adjustable Wrench 8070

モンキースパナを使うことはなるべく控えてます。

ボルトをくわえて慎重にアジャストしても、ナメてしまう不安がよぎり、トルクをかける時に、ほとんどマイナスドライバーと同じくらい気を使いますから。

でも、コンビネーションやソケットが合わないとか足りない場合はしかたがありません。お世話になります。
F型モールトンのメンテを始めるやいなや普通のレンチが使えない場面に遭遇しました。それは固着の温床、ステムの固定ボルトです。
ボルトの2面幅を実測すると
 11.35mm
 11.4mm
 11.4mm

12mmではブカブカ
USインチの7/16は全くはまらず
BSWの3/16もぎりぎり入りません

いったいこのサイズはなんなのでしょうか? USインチの29/64があればいいのですが、分母が64のレンチはこれまでお目にかかった事がありません。
ブカブカの12mmよりはモンキーの方がましということで、バーコのアジャスタブルをあてがいます。

ボルトは回りましたが、ステアリングチューブ内でウスが固着しているようです。ステムはピクリともしません。

さてどうしましょう、、、

4 件のコメント:

  1. ボルトが緩んだのなら、
    ステムに衝撃を与えて固着をはがす。
    そう、悪魔は囁いています。

    P.S.
    自分の中のプリミティブ好きに、
    ウイルスが反応しているような?
    早急にワクチン投与せねば。

    返信削除
    返信
    1. >ステムに衝撃
      効き目がありそうですね!

      昨日、浮いてきたボルトをプラスチックハンマーで叩いて
      ウスを落そうとしましたが手応えがありませんでした。
      夜中だったので遠慮気味に叩いたからかもしれません。

      CRC-556を浸透させてから再挑戦してみますが、
      それでもだめならステムを下側から叩いてみます。

      kaiさんは発症していないだけで
      既に感染しているようですね(笑
      ワクチンは効きません、対症療法が有効です!

      削除
  2. 何の違和感も無くネジを回し、何の違和感も無くパーツ交換してましたが(笑)
    それは、先代の歴代オーナーが大切にメンテしてきたお陰だったんだなと言う事が
    みだめさんのBlogでよく分かりました(^^ゞ 歴代オーナーに感謝しなければ。

    工具代だけでも結構かかりそうですね(^_^;)

    返信削除
    返信
    1. ゆるポタさんのデラックスは、とても美しいです。
      昔も今も愛情をもって丁寧に扱われ続けていたからに違いありません。
      それに比べて私のは切ない物語が現在進行形です。

      > 工具代だけでも
      腕が確かなら、モンキー1本でも大丈夫かもしれませんが
      私は根が大雑把なのでよく失敗するんです。
      なので、工具に頼って作業してます(笑

      PS.今度スタンドについて質問させてください。

      削除