2013/05/19

ペダルの取り外し

簡単なことが難しい。

現役バイクなら口笛吹きながらペダルを着脱するのですが、48年前のバイクのペダルを外すのは初めてで、手応えを感じるまで緊張しました。レンチは一般的な15mmのペダルレンチで大丈夫そうなのでそれを使いました。右を緩めたあと左にとりかかりましたが、グリースの固着が激しくかなり硬いのです。

もしかして、左ペダルも正ネジ?

そんな話は聞いたこと無いので。逆ネジを信じ、全長232mmのペダルレンチに渾身の力をこめて外しました。普通に逆ネジでした。もうすこしトルクをかけやすい立派なペダルレンチがあると良かった。

ペダルが外れてホットした後、嬉しいコトがありました。

気分が良かったのでリアキャリアを支える上側のステーも外してみたのですが、なんとここには、使われていないと思っていたBSW 1/8がフィット。先日そろえたブリティッシュインチのソケットレンチを、めでたく全て(3サイズ)使うことができました。

しかし、キャリア側のナットは狭くてソケットをセットすることができません。本来であればコンビネーションを使いたいところですが、Snap-onしか選択肢がないのであきらめてモンキーを使用。

今のところ BSW 1/8 のソケットが使えるのは1ヶ所だけ。


0 件のコメント:

コメントを投稿