2013/05/06

レンチの選定

予想はしていましたが、F型モールトンのナットは、ほとんどメトリックのレンチが適合しません。多少のガタを気にしなければミリサイズのレンチで回りそうなカカリとも思えますが、50年もの歳月をかけて蓄えた錆びと固着を考えると、ナメてかかるわけにはいきません。

「確かあったはず」のKTCのインチサイズのレンチを工具箱から発掘し、MOULTON STANDARD '65のナットにあてがってみたところ、欲しいところが無いという、ありがちなオチ。オープンレンチ3本で6サイズのうち、かみ合ったのは7/16と1/2の2サイズだけでした。

ソケットレンチはサイズがそろっていてケースにはMade in Japanとの記載あり。しかし、それは25年の昔、今は無き宝船というディスカウントショップで買ったノーブランド品。ナットサイズの確認には威力を発揮しましたが、とても安心して使える代物ではないのです。王者Snap-onは無理でも信頼のおけるレンチを入手せねばなりません。

現物合わせを終え、私のF型モールトンは、1/4、11/32、7/16、1/2、9mm、14mm、15mmでメンテできるとも思えますが、9mmと14mmにはかなりガタがあってしっくりきません。また、7/16が妙にキツくてオープンは入るけどソケットは入らないナットもあります。

調べているとイギリスインチまたはブリティッシュインチなる規格が存在することがわかりました。ネジの軸サイズから決まるイギリス独自の規格で、普通のインチ=アメリカインチと呼称が似ているもののサイズは全く異なります。

下記のミリ換算した数値と状況からすると、あくまで予想ではありますが、それらが使われている可能性が高いと思うようになりました。

9mm = かなりゆるい、8mm = 入らない
 USインチ 11/32(8.731mm)
 BSW 1/8W(8.64mm)

12mm = ゆるい、7/16(11.113mm) = キツイまたは入らない
 USインチ 該当無し
 BSW 3/16W(11.30mm)

14mm = ゆるい、13mm = 入らない
 USインチ 該当無し
 BSW 1/4W(13.34mm)

まずは、イギリスインチのソケットを導入して、1/4、11/32、7/16、1/2、1/8W、3/16W、1/4W、15mmの体制を整えようと思います。

F型モールトンのメンテナンスに使うレンチを選ぶために、US/BSインチ→ミリ換算表と、工具メーカーのラインナップ、モールトンに使われているナットのサイズを一覧にしてみました。

 Wrench Size Chart



0 件のコメント:

コメントを投稿