2013/06/17

フロントハブ、パーツ構成

Front Hub's construction of Moulton Standard '65 / STURMEY ARCHER DYNOHUB

モールトンスタンダード '65 フロントハブダイナモ
STURMEY ARCHER
DYNOHUB
MADE IN ENGLAND
重 量:1,147g

ハブボディー
 重 量:414g
 右側(ダイナモ側)スポークピッチ:102mm
 左側スポークピッチ:42mm
 フランジ間隔:60mm


 重 量:67g
 軸 長:130mm
 軸 径:9.5mm(中間部=10.3mm)
 右側(ダイナモ側)ネジ長さ:43mm
 左側ネジ長さ:40mm

スモールパーツ
 右側(ダイナモ側)パーツ構成:
 ベアリング(6.3mm x 8) → 玉押さえ(レンチ2面間:7.8mm) →
 キャップ型スペーサー(厚さ:9.2mm) → ワッシャー(外径:19mm/厚さ3mm) →
 ハブナット(レンチ:15mm/厚さ:3.2mm) → ワッシャー(外径:19mm/厚さ3mm) →
 ロックナット(レンチ:15mm/厚さ:8mm)
 右側重量:57g

 左側(反ダイナモ側)パーツ構成:
 ベアリング(6.3mm x 8) → ダストシール(直径:29mm/厚さ:3.3mm) →
 玉押さえ(レンチ2面間:16mm/レンチ厚さ:2mm) → ワッシャー(外径:19mm/厚さ1.6mm) →
 ハブナット(レンチ:15mm/厚さ:3.2mm) → ワッシャー(外径:19mm/厚さ3mm) →
 ロックナット(レンチ:15mm/厚さ:8mm)
 左側重量:48g

マグネット
 極 数:20
 極 幅:7.3mm
 極 間:3.8mm
 外 径:87.8mm
 内 径:70mm
 厚 さ:21mm
 重 量:220g

マグネットカバー
 直 径:89.5mm
 内 径:88.1mm
 パッキン:0.4mm
 スナップリング:(軸径:2mm/自由直径92mm)
 固定ボルト x 4:(長さ:30.6mm/ロックワッシャー/ナット:5mm)
 カバー部重量:51g

コイル
 極 数:20
 直 径:69.4mm
 軸穴直径:14.3mm
 厚 さ:23.5mm(端子含む:29mm)
 端子高:3.8mm
  端子固定ナット(厚さ:3.3mm/レンチ8mm)
 重 量:290g

1,147gとは恐れ入りました。ヒルクライム用に使っているカーボンホイール前後セットと同じくらいです。

コイルの清掃をすると、中心部に刻印が浮かびあがりました。

「ナニナニ、DO NOT REMOVE MAGNET WITHOUT KEEPER ですか、エッ?もうバラバラなんですけれど、、、KEEPERってナンですか?」

もしかして、私はとってもマズイことをやらかしてしまったのでしょうか?



4 件のコメント:

  1. おはようございます。
    Fハブの中の構造、こんなになっているんですね~!
    私のは普通のハブです…

    当時のメッキ、
    磨いてこれだけトロ~ンとしていれば
    新車当時は、どれだけ素晴らしかったのか…
    惚れ惚れしますね♪

    返信削除
    返信
    1. NOGUさん
      50年たってボロボロになりながらも
      しっかりと芯の残るモノ造りに感動しています。

      私の個体だけかもしれませんが
      ダイナモのフリクションはすさまじいものがありますので
      ノーマルハブの方が格段に走りが軽快だと思います。
      まあ、そんなウィークポイントでさえ許せてしまいますけど(笑

      削除
  2. 今月号のBICYCLE CLUBは、ストライクゾーン。
    サビ落とし!
    みだめサン、編集部へリクエストしてません?!

    返信削除
    返信
    1. kaiさん
      ほんとですか、、、、まあ、クラシックモールトンのメンテは
      何をするにも錆び取りがつきものですから
      誰が編集したとしても、その企画は外せないでしょう(笑

      明日にでも買いに行きま~す。
      情報ありがとうございました。

      削除