2013/06/09

ブレーキ、パーツ構成

Moulton Standard '65 Brake Assembly

モールトンスタンダードのブレーキを清掃したので、フロントブレーキのパーツ構成を記録します。カンニングペーパーに描かれている、固定ナットのワッシャーは紛失しています。

重量:196g(without washer)
アーチ:57~77mm
軸長:67mm

ブレーキ固定ナット用レンチ:7/16
アウター受け固定ナット用レンチ:11/32
アジャスターロックナット用レンチ:11/32
ワイヤー固定ナット用レンチ:11/32

MADE IN ENGLAND
リヤブレーキは何かトラブルがあったのか、間に合わせで取り付けられているようで正しい状態がわかりません。

リターンスプリングをはさむスペーサーのかわりにワッシャーやボルトが入れられています。
また、リアブレーキの固定用ナットは、ボルト先端部のねじ山が変形していて、中途半端な位置までしか締めることができない状態でした。

正しいパーツなのか、正しい仕様なのか解りませんが軸長はフロントより2mm長い、69mmでした。



リア側は異常な偏減り。ホイールが相当振れていることとブレーキマウントに問題があったことが想像されます。

JOHN BULL No25
MADE IN ENGLAND



固定ナットのレンチは11/32

インチサイズに慣れてくると、ミリが出てくるとがっかりするようになります。
裏面には生産国と型番らしき番号がモールディングされています。

シューホルダーは片側がオープン。ブレーキシューのスペアがあれば簡単にリプレースすることができる設計。すばらしい。

もし適合するシューがみつかったら、このホルダーを使いたい。それまではミュージアムボックスで出番を待っていてもらいましょう。




2 件のコメント:

  1. こんばんは。
    好いさび具合です♪
    私のもこれと同じブレーキ本体です。
    …まだ外した状態で何もしておりませんが…(笑
    ちなみに、サビ除去後には何かサビ止め剤を塗布してますか?
    私は「花咲かG ラストリムーバー」を愛用しております。

    みだめサマのおかげで
    スゴ~イ、良い刺激になり私も少しづつですが
    作業が進行しています。

    返信削除
    返信
    1. NOGUさん
      こちらこそNOGUさんのブログを拝見してがんばってます。

      NOGUさんはリン酸系を使われているのですね。私はこれまでサビ取り剤を使ったことがなかったので、手始めにRSR-2を選びました。トリートメントはER-G3000です。

      実は、RSR-2ネタを準備しているところだったのですが、感がいいですね(笑

      削除