2013/08/03

2WAY OUTDOOR BICYCLE

ちょっとした不注意でヒザを傷めて、おとなしくしていて、ネットでミニベロやフォールディングをぼんやりと流していると、ある自転車が目に飛び込んで来ました。

キャンプや防災用のギアキャリアとして開発された廉価なフォールディングミニベロを、なぜこのFのブログに載せるのか。 それは、この自転車に「しっぽ」があったからなんです。

トップチューブは、この自転車メーカーが得意とするダブルチューブスタイルで、下側のチューブがシートチューブを越えて後方にまっすぐ伸ばされたデザイン。そのラインを継ぐかたちで芯棒のある着脱式のキャリアを装着することができ、これがしっぽに見えるのです。

このモデルのしっぽは、テーパーの効いたエレガントなFに比べれば、切れたトカゲのしっぽのようなものですが、本家にもBSにも現行モデルに芯棒(しっぽ)はありませんから、とてもユニークな存在だと思ってしまいました。

簡易なフォールディング機構に、未舗装路や防災用としての剛性を期待することは無理がありますが、標準装備の前後キャリアとバスケットを着脱して、いろいろなスタイル楽しめそうです。また、このクラスとしては珍しく、ホイールベースがかなり長いことと、クランクに170mmを採用しているところがGOODなポイントです。

今、アマゾンで7速モデルは3万を切るお値段。しっぽが生えているいうことだけで、屋外放置のコンビニエンスモデルとして、ミルクカーキをクリックしてしまいそうになりましたが、なんとか踏みとどまっています。





画像はメーカーサイトより
WEB >>> 2WAY OUTDOOR BICYCLE